セミナー開催のお知らせ「パワハラ防止の法改正と労災認定・企業対応」

テーマ:パワハラ防止の法改正と労災認定・企業対応
パワハラ防止は、「働きやすい職場環境」「企業信用維持」「労務トラブル防止」のためにいまや必須の経営課題です。
2020年6月1日(中小企業は2022年3月まで努力義務)には企業のパワハラ防止策を義務付ける改正法により、職場でのパワーハラスメント対策が法制化され、事業主に対しての雇用管理上の措置義務等が新設されました。
長野労働局が直近に発表した個別労働紛争解決制度実施状況(令和元年7月30日)でも職場におけるいじめ・嫌がらせに関する相談が最多件数となっています。
全国でも「いじめ・嫌がらせ」に関する民事上の個別労働紛争の相談件数が8年連続トップとなっています。
多くの企業様で金銭解決を余儀なくされているのではないかと思います。
本セミナーではこうした最新の法改正・情勢変化を踏まえ、職場のパワハラ問題、労災認定、企業対応について解説していただきます。
【内  容】 (予定)
・2020年6月施行のパワハラ防止策とは何か
・パワハラと指導の境界線
・社内で「相談」「申告」が発生した場合の対処法
・懲戒処分を行う際の注意点
・5月29日改正 パワハラ法制化を踏まえた精神障害の労災認定基準
▼講 師:峰 隆之先生(経営者側弁護士)
北岡 大介先生(社会保険労務士 元労働基準監督官 東洋大学労働法 講師)
▼日 時  2020年9月11日(金) 14:30?16:30(開場14:00)
▼会 場  長野県松本文化会館 第1会議室
(密にならないように定員96名の会議室を利用させていただきます。予防対策としてマスクの着用を推奨しております。「マスク」については、各自でのご用意をお願いします。)
▼参加費  顧問企業様  無料   一般の方 3,000円
▼定 員  30名
▼申し込み方法  ご希望の方は以下のページより、お申し込みください。