1ヶ月変形労働時間制における時間外労働

1か月単位の労働時間制における時間外労働の部分は、事業場で定めた所定労働時間と実際の労働時間を比べて判断することになり、その範囲は以下のとおりです。

1. 各日について
所定労働時間が8時間(1日法定労働時間)を超えた場合には、その超えた時間。8時間を超えない日は、8時間を超えた部分の時間が時間外となる。


2. 各週について
週所定労働時間が週法定労働時間を超える週は、週所定労働時間を超える部分の時間。それ以外の週は、週の法定労働時間を超える部分が時間外となる。
ただし、1.で時間外労働とされる時間を除く


3. 変形期間について
1.及び2.で時間外労働に該当する部分を除き、変形期間の労働時間の総枠(限度時間)を超える部分の労働時間が時間外となる。


※ 休日を振り替えた場合
休日を振り替えたことにより、1日8時間又は1週40時間を超える所定労働時間が定められていない日又は週に1日8時間又は1週40時間を超えて労働することとなった場合には、その超えた時間は時間外労働となる。