社会保険労務士に依頼するメリット

  • 1.最新の法律への対応が可能です。
    労働基準法をはじめ、労働や社会保険に関する法律は頻繁に改正されています。今までの法律ならば適法だったのに法改正により違反になることもあります。最新の情報が入手することができますので、法改正にも惑わされず安心です。

  • 2.人事労務のコスト削減できます。
    社会保険関係事務の専属事務員を配属する必要がなくなります。
    また、「突然、担当者が辞めてしまい、管理業務がわからなくなった!」という心配もありません。
    人事労務を行うための従業員を雇うよりも安い金額で社会保険手続きをはじめ給与計算などなどを行うことができ、人事労務のコストを削減することができます。
    また担当者の退職などによる引継ぎで新たに従業員に教えるための教育コストを削減でき、「業務がわからなくなった。」という不安。これらを社会保険労務士に依頼することにより解消することができます。そのコストはなくなります。

  • 3.企業経営に専念できます。
    細かい業務が非常に多いため、経営者が携わってしまうと、無駄な時間をとられてしまうことがあると思います。社労士が関わることによって、経営者は労働・社会保険の複雑な手続きから開放され、本業に専念することができ、業績アップへつながります。
    労働基準監督署、ハローワーク、社会保険事務所等の行政機関への報告や届出手続がスピーディに処理され、帳簿書類も正確に作成されます。
    また、煩雑になってしまっている労務管理や無駄なフロー、法令違反となってしまっていること等も専門家の目で見て改善されます。

  • 4.労務トラブルの未然防止
    最近では従業員の勤労意識の多様化、また、権利を主張し義務を放棄するいわゆる問題社員の増加により、労使トラブルも増加傾向にあります。このような労使トラブルを未然に防ぎ、またトラブルが発生した場合には迅速に解決します。

こちらの記事も一緒に読まれてます。

  • コラム
  • 特別加入
  • 適性検査CUBIC
  • 固定残業手当導入
  • 未払残業代対策