POINT15 産業医の選任状況についての資料

産業医
【労働安全衛生法第13条(労働安全衛生法施行令第5条、労働安全衛生規則第13条等】

1. 産業医とは

労働安全衛生法第13条では、一定規模以上の事業場について、一定の要件を満たす医師のうちから「産業医」を選任し、事業者の直接の指揮監督の下で専門家として労働者の健康管理等に当たらせることとなっています。

2. 産業医の選任

常時50人以上の労働者を使用するすべての事業場で選任することとなっています。
ただし、常時3,000人を超える労働者を使用する事業場では、2人以上の産業医を選任することとなっています。
なお、次に該当する事業場にあっては、専属の産業医を選任することとなっています。

  1. 常時1,000人以上の労働者を使用する事業場
  2. 一定の有害な業務に常時500人以上の労働者を従事させるとき