中小事業主と一人親方の皆さんが労災保険に加入の違い

中小事業主と一人親方の皆さんが労災保険に加入の違い

労災保険特別加入制度は、法律で定められた加入要件を満たさなければ、労災事故が起きても保険給付が行われません。
それだけに、加入する際の入口は非常に大切です。
「中小事業主」と「一人親方」では、加入方法が全く異なるからです。
中小事業主 一人親方
加入条件 (1)事業所に年間100日以上働く労働者がいること。 (1)労働者に給与を支給して雇う日数が年間99日以下(外注を除く)
(2)労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託していること (2)労働者を使用しない事業を行うことを常態とする者で、労働局認可の一人親方の団体を通じて加入する。
業務災害 ○(補償されます) ○(補償されます)
通勤災害 ○(補償されます) ○(補償されます)

特別加入制度」とは?

●  仕事中・通勤途上のケガ等について、国の労災保険が適用されるのは、原則として労働者の方々だけです。経営側に立たれる方々は、仕事中のケガであっても労災保険は適用されません。
しかし、労働者災害補償保険法で定められる「特別加入制度」に加入することによって、経営者の方々も労働者の方々と同様に仕事中のケガ等について、同じように労災保険が使えるようになります。
この制度を「特別加入制度」と呼びます。