人事労務のコスト削減

社会保険関係事務の専属事務員を配属する必要がなくなります。
また、「突然、担当者が辞めてしまい、管理業務がわからなくなった!」という心配もありません。

人事労務を行うための従業員を雇うよりも安い金額で社会保険手続きをはじめ給与計算などなどを行うことができ、人事労務のコストを削減することができます。

また担当者の退職などによる引継ぎで新たに従業員に教えるための教育コストを削減でき、「業務がわからなくなった。」という不安。これらを社会保険労務士に依頼することにより解消することができます。そのコストはなくなります。

↑ページの先頭へ