「改正パート労働法」実務対策講座

―パートタイマーを雇用する中小企業にとって非常に大きな改正です。―

大手企業、特に流通、サービス業、そして銀行を中心にパート処遇を正社員並みにするなど処遇の改善が行われました。
これは、4月に施行された改正パート労働法に対応するための動きです。
特に改正パート労働法は、「正社員と同視できるパート社員に対する差別的取扱いの禁止」(同法8条)など会社側に様々な義務を課すこととしており、企業実務への影響ははかり知れないものがあります。本セミナーでは、事例紹介を通じて分かりやすく改正ポイントを紹介するとともに、同改正に対応するための実務対応策を解説いたします。

講   師:北岡 大介氏(元労働基準監督官)

1.パート労働法改正の背景と概要

2.事例から見る改正パート労働法解説(特に厚生労働省施行通達を中心に)

(1)パート社員と正社員の処遇に「差」を設けてはならなくなるのか?その程度とは?

・ 正社員と同視すべきパート社員に対する差別的取扱いの禁止とは?

・ パート社員の賃金に関する均衡確保措置の努力義務化とは?

・ 教育訓練・福利厚生に係る均衡確保義務化とは?

(2)パート社員に対してどこまで「説明責任」を尽くさなければならないのか?

・ 労働条件明示

・待遇決定にあたり考慮した事項の説明責任とは(その他)?

(3)「正社員転換推進措置」とは何か?法律上どこまでやらなければならないのか?

3.改正パート労働法に対応した就業規則改訂の実際(モデル規定例の解説)

4.説明責任への対応マニュアル整備の実際(対応マニュアル例の解説)

日   時 : 平成20年9月9日(火) 13:30-16:45

参 加 費 :  関与先:無料   その他:3,000円  定員:20名(先着順)

場   所 : まつもと情報創造館 松本市大字和田4010-27 臨空工業団地内