経営者のための労務管理セミナー

管理職をめぐる労務リスクと対策 ―「プレイング・マネージャー」の労務管理問題を中心に!― かつて「管理職」というポストは、光り輝いており、誰しも「課長」「部長」への昇進に憧れ、管理職名が入った名刺をさし出すことは誇りを覚える人も多かったように思われます。 しかし、今日ではその威光が薄れ、「名ばかり管理職」をはじめとするいくつもの課題が山積し、その対応に喘いでいるようにも見えます。 今回のセミナーでは、近年顕在化してきた「プレイング・マネージャー」の視点からみた管理監督者(管理職)をめぐる様々な法的課題と実務対応策を解説していただきます。

講   師:峰  隆之氏(第一協同法律事務所、第一東京弁護士会、経営者側弁護士)

       北岡大介氏(元労働基準監督官) 

【内  容】 1.最近の裁判例にみる「管理監督者」と「管理職」の齟齬

2.「プレイング・マネージャー」の視点から見た「管理監督者問題」

3.「踊り場」における労務管理―管理職と非管理職の間―

(1)労働時間管理 

(2)賃金制度 

(3)定額残業制度

4.マネジメント業務固有の問題

5.マネジメント業務遂行上の法的トラブル事例

(1)サービス残業問題 

(2)セクハラ事件への対応問題 

(3)管理職のうつ病罹患問題

6.管理職に対する降職・降格処分 昇進、昇格、降職、降格等

7.今後の対応

日   時 : 平成23年7月29日(金) 14:00?16:30

参加費用 : 関与先 無料/その他 3,000円 

定員 : 40名 

場   所 : 長野県松本文化会館  〒390-0311 長野県松本市水汲69-2TEL0263-34-7100 FAX0263-34-7101

申し込み方法:ご希望の方は、ホームページよりお申し込みください。