経営者のための労務管理セミナー

本年5月18 日、塩崎恭久厚生労働大臣は、臨時の全国労働局長会議で、過重労働対策の一層の強化方針を打ち出し、月100時間を超える残業が行われている事業場等に対する監督指導の徹底や新たに企業名公表制度を設けること等の施策を明らかにしました。また、本年7月には東京労働局の「かとく」(過重労働撲滅特別対策班)が大手靴販売会社を労働基準法違反で書類送検を行った旨が報道されています。
今回、第1部では労働省の長時間労働、過重労働に対する監督指導強化の背景とその内容を見ていくとともに、企業が留意すべき点などについて、解説していただきます。
また、第2部「めざせ!最強の管理職弁護士が教える賢い労務管理・トラブル対応(2,700円)」民事法研究会、三上安雄弁護士編者をテキストに、弁護士が訴訟を通じて培った管理職に必要な労務管理のトラブル対応について、解説していただきます。

【内  容】 (予定)
第1部 「最近の労基署監督指導の動向‐企業名公表・求人不受理等について‐」
1 労基署における監督指導の概要   2 事業場臨検時の注目点
3 労働時間に係る監督指導のポイント 4 最近の監督指導の動向  5 是正報告のポイント
第2部 「管理職の賢い労務管理・トラブル対応」
1 管理職の役割、職務と基礎知識、義務と責任
2 管理職に求められるトラブルへの対応
 ○ 部下従業員間のトラブル  ○ 上司と部下のトラブル ○ 社員の違法行為によるトラブル
 ○ 内部告発をめぐるトラブル ○ 顧客・消費者とのトラブル ○ 取引先とのトラブル

▼講 師  第1部 北岡大介先生(元労働基準監督官)
第2部 三上安雄先生 弁護士 ひかり協同法律事務所
             http://hikarikyodo-lawoffice.com/
▼日 時  2015年10月9日(金) 13:30?17:00(開場13:00)
▼会 場  松本商工会議所(松本市中央1-23-1) 301会議室
▼参加費  顧問企業様  無料   一般の方 3,000円
▼定 員  40名
▼申し込み方法  ご希望の方は、ホームページ「お問い合わせ」より必要事項を記入の上、お申し込みください。