3月1日からトライアル雇用奨励金の支給対象が拡充!

職業紹介事業者の紹介も対象とし対象者も拡大されます!

 今年3月1日から、 トライアル雇用奨励金の支給対象について、現行のハローワークの紹介に加え、「職業紹介事業者の紹介」も対象とし、現行で主な対象とされているニート・フリーターに加えて、「学卒未就職者」、「育児等でキャリアに空白期間がある人」など、トライアル雇用を受けなければ正社員就職が難しいと認められる者に対象が拡充されます。

《改正の概要》

? トライアル雇用奨励金の支給の対象について、現行の公共職業安定所の紹介に加え、職業紹介事業者(職業安定局長が定める条件に同意し、職業安定局長が定める標識を事業所の見やすい場所に掲示している者に限る。)の紹介により対象労働者を雇い入れた場合も支給の対象とする。 ? 「学卒未就職者」、「出産・育児等を理由に離職し、安定した職業に就いていない期間が1年を超えている者」を対象とするとともに、対象となる「その他就職の援助を行うに当たって特別の配慮を要する者」について、「厚生労働大臣が定める者」とする。