介護休業は3回程度まで分割取得可能に!

現行で対象家族1人につき、要介護状態ごとに1回、通算して93日まで取得が認められている介護休業について、3回程度まで分割取得できるようにする見直しが検討されています。
 見直し案では、介護休業の分割取得について、急性期対応(介護の初期)や看取りの時期(介護の終期)、介護施設間の移動、病院への入退院、要介護者の状態が大きく変化した場合等のような場合に介護休業を取得するニーズがあることから、「労務管理の負担も考慮し、3回程度とすべきではないか」としています。
 休業できる期間については、「これまでの取得実績から見て取得期間は短く、また、介護サービスを使わずに一定期間自分で介護を行うと離職につながりかねず、出来るかぎり休業ではなく働きながら介護に対応できるようにすべきであり、休業の分割取得を可能とするのであれば、休業期間は通算して93日のままとすべきではないか」としています。