平成27年度地域別最低賃金額改定の目安を発表!

厚生労働省は、7月30日に開催された第44回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられた旨を同日公表しました。

【答申のポイント】

 各都道府県の引上げ額の目安については、Aランク19円、Bランク18円、C・Dランク16円(昨年度はAランク19円、Bランク15円、Cランク14円、Dランク13円)。

【ランクA】19円

千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

【ランクB】18円

茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

【ランクC】16円

北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡

【ランクD】16円

青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄