タイムカードまたは勤怠簿で出退社の時間を記録する。

社員の労働時間を把握せず、または自己申告制にしておくと、忘れた頃に会社の予想を遙かに上回る額の残業代を請求されるリスクがあります。

いざ請求されても本当なのか嘘なのか、会社には確かめるすべがないのです。

社員が証拠を積み重ねてくれば会社は譲歩せざるを得ません。

日々の労働時間はしっかり把握し、記録に間違いがあればその都度指摘して修正しましょう。

いざという時に会社を守る証拠となります。