就業規則に関する発想を転換しよう!

今よりも良い会社経営をしたいと思うのなら、発想の転換が必要です。法律に定められているから「就業規則」を作るのではなく......。

「人の集団である会社にはルールが必ず必要であり、そのルールブックを法律に合わせると就業規則になる」と発想すべきではないでしょうか。

その方が、会社の実態に即したルールになり会社の運営がしやすくなります。

その際、「ルールや「約束事」は口約束ではなく、相互が同じ認識を持つためにきちんと明文化することが必要です。

紙に書いておけば皆の目に触れますから、言った言わないのレベルの争いも生まれず、また書くという行為を通して考えをまとめることができます。