タイムカードや出勤簿をつけていない

タイムカードや出勤簿をつけていない会社は非常に危険です。

手書きで書かれた記録も立派な証拠になりますので、従業員が手書きで出勤記録をつけていた際は、従業員の手書きのメモが出勤の記録となります。

会社に何か記録が残っていなければ、たとえそれが間違っていたとしても立証することができません。

記録を持っていたほうが圧倒的に有利です。

残業対策として、まずはタイムカードを導入するか、従業員全員に対して出勤簿を配布し、それをつけるようにしましょう。

また、残業を行う場合は上司の許可を必要とする旨を就業規則に記載し、残業を行ったときは出勤簿の下に残業時間を書き入れてもらうようにするとよいでしょう。