社員が勝手に残業をした

「残業の指示はしていません。社員の自発的な残業にまで残業代を払わなくてもよいのでは?」

会社から残業命令を出していないにもかかわらず、社員の判断で残業を行っていた場合はどうなるでしょうか。

この場合、会社は残業を黙認していたとして、残業手当の支払義務があります。

残業しているのを知っていながら、これを放置していると、黙示的(ハッキリと言わないまでも間接的)に残業を指示していたとみなされます。

また、会社が残業や休日出勤していることを知らなかったとしても、残業しなければ片付かないほどの仕事量を与えていたら、この場合も残業手当の支払義務があります。

要するに、見て見ぬふりをして、残業させるけど残業手当は支払わないというのは認められません。

会社の都合の良いように解釈してくれません。

したがって、残業させるときは、必要最小限の時間だけ残業命令を出して、その後は直ちに帰宅するよう指導して下さい。

また、休日出勤を行うときも、事前に会社の許可や命令を要することとして、社員の勝手な判断で行わせないようにしましょう。

どちらにせよ、もし残業代を請求されれば支払うことになってしまいますので、管理体制や就業規則をしっかりと見直し、無駄に残業をさせないような残業対策をする必要があります。