固定残業手当・みなし残業代は認められるのか?

固定(みなし)残業手当は、使用者である会社にとっては事務処理の負担を軽減できるという点でメリットがあります。

それでは、労働者である従業員にとって固定(みなし)残業手当の制度はメリットがあるのでしょうか。

労働者である従業員にとっては、実際の労働時間が短い場合には固定(みなし)残業手当制度にメリットがありますし、月によって若干所定の時間をオーバーしたり逆に少なかったりということであればそれほど不満に思うことはないかもしれません。

しかし、固定(みなし)残業手当の制度を導入している会社の中には、多くの月において所定の時間以上の残業を労働者従業員にさせている会社もあります。

そのような会社において、実際の残業が固定額分を超えて行われた場合、超過分の残業代を企業は当然支払わなければならず、決して「いくら残業しても決まった残業代しか出ない」ことが法律的に許されているわけではありません。