法定帳簿に関する是正勧告

「労働者名簿や賃金台帳に必要事項が記載されていない。」

労働基準法では、「労働者名簿賃金台帳などを、各事業場ごとに調製(作成)しなければならない。」と規定されています。

労働者名簿や賃金台帳などの法定帳簿を、作成していない場合必要事項が記載されていない場合、あるいは保存期間内にもかかわらず保存していない場合などは、是正勧告が行われることになります。

労働者名簿、賃金台帳の記載事項は次のとおりです。


労働者名簿の記載事項

    • 氏名
    • 生年月日
    • 履歴
    • 性別
    • 住所
    • 従事する業務の種類
    • 雇入れの年月日
    • 退職の年月日及び退職の理由


賃金台帳の記載事項

    • 氏名
    • 性別
    • 賃金計算期間
    • 労働日数
    • 労働時間数
    • 時間外・休日・深夜の労働時間数
    • 基本給、手当、その他賃金の種類ごとにその額
    • 賃金の一部を控除した場合には、その額


保存期間は、労働者名簿は、労働者の死亡、退職または解雇の日から3年間、賃金台帳は、最後に記入した日から3年間保存しなければなりません。