申告監督の調査対象

申告監督は、従業員からの申告に基づく調査なので、その裏付けとなる事実確認を中心に調査が行われます。


しかし、申告監督は、申告のあった事柄だけを調査するのではありません。労働基準監督署は、申告内容の処理にとどまらず、その会社全体を見て、労働基準法違反が推測される場合には、その他の事項まで積極的に調査・指導をしてきます。

つまり、申告された1つの違反事項をきっかけに、その他の違反事項まで厳しく問われる可能性があるということです。