労働基準監督署の調査で絶対にしてはいけないこと

労働基準法では、監督官の調査を拒んだり、妨げたり、尋問に答えなかったり、虚偽の陳述をしたり、帳簿を提出しなかったり、虚偽の帳簿書類を提出した場合は、30万円以下の罰金に処すると規定されています

調査に対しては協力的な姿勢で臨み、次のような行動は絶対に行わないでください。


調査で絶対にしてはいけないこと

○ 調査を妨害する、又は、非協力的な態度をとる

○ 帳簿・書類のデータを改ざんする(虚偽の記載をする)

○ 帳簿・書類等を隠す

○ 虚偽の発言をする

○ 従業員に対して、虚偽の発言をするように強要する