是正勧告書とは

是正勧告書は、労働基準監督署の調査の結果、法令違反があった場合に交付されることになります。

ただし、違反があったからといって、その場で罰金などが科せられるわけではありませんので、そんなに恐れる必要はありません。

是正勧告は、行政処分ではなく、行政指導であり、法的な強制力はありませんから、違反ではないと思えば是正する義務はありません。

しかし、法令違反だとして指摘されている以上、それを繰り返し是正しない場合や、あまりにも悪質だと判断された場合は、非常に稀ですが、検察庁に書類送検される可能性もあります。

そうなると、労働基準法や、各法律に定められた罰則が適用される可能性もあります。

また、是正勧告は行政処分ではないので、行政不服審査法、行政事件訴訟法により、争うことは出来ません。

実務的には、例え行政指導だとしても、従わざるを得ないということになるでしょう。

是正勧告書には、違反事項と是正期日が記されており、交付を受ける際には、受領日、受領者職、受領者氏名などの署名捺印が必要になります。