労働基準監督署の調査の内容

それでは、実際の調査の際に、労働基準監督官は一体何を調査するのでしょうか?

労働基準監督署により調査される内容は、調査により異なりますが、一般的に主な調査項目は以下のような内容になります。

また、一般的な調査に対応するための、労働条件自主点検表はこちらです。

主な調査項目

1. 労働条件

○ 労働条件通知書(雇入れ通知書)

○ 就業規則

○ 就業規則の届出

○ 就業規則の周知

2. 労働時間

○ タイムカード等の労働時間の記録

○ 36協定の締結・届出

○ 時間外・休日労働の把握状況

○ 変形労働時間制の労使協定の締結・届出

3. 賃金

○ 賃金台帳

○ 残業代の支払い状況

○ 残業代の計算方法

○ 最低賃金

4. 年次有給休暇

○ 年次有給休暇の取得状況

○ 年次有給休暇の取得記録

5. 安全衛生管理

○ 安全衛生推進者等の選任状況

○ 産業医の選任状況

○ 安全衛生委員会等の設置状況

6. 健康管理

○ 健康診断の実施記録

○ 健康診断結果報告

○ 過重労働の有無