労働基準監督署の調査の種類

労働基準監督署は、労働基準法の違反の有無を調査する目的で、会社に立ち入り、実情を調査し、改善すべき点の指導を行います。この調査のことを「臨検監督」と呼びます。臨検監督には、主に、定期監督申告監督の2種類があります。また、その他に、災害時監督、再監督もあります。


1.定期監督

労働基準監督署が、スケジュールを組んで、定期的・計画的に実施する調査で、最も一般的な調査です。労働基準監督署の計画により、無作為に調査対象の会社を抽出し、調査が行われます。


2.申告監督

従業員からの申告(告発)に基づく調査で、その申告内容を確認することを中心に調査が行われます。監督官により、調査の前後に、申告があったことを教えてくれる場合もあれば、申告があったことを明らかにせず調査をする場合もあります。いずれの場合も、当然のことながら、申告した従業員の氏名などは一切教えてくれません。


3.災害時監督

一定規模以上の労働災害が発生した場合、その原因究明や再発防止の指導を行うための調査です。


4.再監督

監督により是正勧告を受けた場合、その違反項目が是正されたかどうかを確認するため、又は、是正勧告を受けたにもかかわらず、指定期日までに是正報告書を提出しない場合になどに、再度行われる調査です。