特別加入

労働保険事務組合とは?

労働保険事務組合は厚生労働大臣の認可を受け、事業主のみなさんに代わって労働保険(労災保険・雇用保険)に関する事務を処理する団体です。

1 事業主とその家族従事者が、労災保険に特別加入することができます。

ひとつは本来労災保険に加入できない事業主さんに大きなメリットのある特別加入制度。中小企業の事業主さんの中には第一線で働いておられる方もいらっしゃるでしょう。しかし、そんな事業主さんが仕事中や通勤途中に怪我をされても労災保険の補償を受けることはできません。

そんな時、労働保険事務組合に労働保険事務を委託し、事業主さんが労災保険に『特別に加入』していれば、いざという時に労災保険の給付の対象になります。これが特別加入制度です。

2 労働保険の年度更新、雇用保険の資格取得、離職証明書の作成など、事務処理の負担が軽減されます。


3 労働保険料の額にかかわらず、3回に分割納付することができます。

もうひとつのメリットは、保険料を3分割して納められることです。(通常は概算保険料が40万円を超えなければ分割はできません。)労働保険事務組合に加入していなければ、保険料は一括で納めなければならず、事業主さんにとって負担です。労働保険事務組合では事業主さんに代わって納付を代行し、事業主さんは3分割して事務組合に保険料を納めます。

社長さん、健康保険の落とし穴をご存知ですか?

中小事業主等特別加入者の業務上外の認定基準

労働保険事務組合は厚生労働大臣の認可を受け、事業主のみなさんに代わって労働保険(労災保険・雇用保険)に関する事務を処理する団体です。

1 事業主とその家族従事者が、労災保険に特別加入することができます。

ひとつは本来労災保険に加入できない事業主さんに大きなメリットのある特別加入制度。中小企業の事業主さんの中には第一線で働いておられる方もいらっしゃるでしょう。しかし、そんな事業主さんが仕事中や通勤途中に怪我をされても労災保険の補償を受けることはできません。

そんな時、労働保険事務組合に労働保険事務を委託し、事業主さんが労災保険に『特別に加入』していれば、いざという時に労災保険の給付の対象になります。これが特別加入制度です。

2 労働保険の年度更新、雇用保険の資格取得、離職証明書の作成など、事務処理の負担が軽減されます。


3 労働保険料の額にかかわらず、3回に分割納付することができます。

もうひとつのメリットは、保険料を3分割して納められることです。(通常は概算保険料が40万円を超えなければ分割はできません。)労働保険事務組合に加入していなければ、保険料は一括で納めなければならず、事業主さんにとって負担です。労働保険事務組合では事業主さんに代わって納付を代行し、事業主さんは3分割して事務組合に保険料を納めます。

社長さん、健康保険の落とし穴をご存知ですか?

中小事業主等特別加入者の業務上外の認定基準

さらに、当事務組合の母体団体が社会保険労務士事務所となっていることから次のメリットがあります。



1.労災事故が発生した場合、スムーズな事務処理をサポート。

 書類作成はもちろん、労働基準監督署への提出代行、そして、事業主のみなさんの不安を解決します。

2.助成金のアドバイスと助成金の支給申請をサポート。

 雇用管理状況を把握できることにより、もらえる助成金を提案します。

※ 労働保険事務組合が「労災事故の書類作成」及び「助成金申請」を代行することは法律で禁じられています。また、トラブルの可能性がありますのでご注意ください。

こちらの記事も一緒に読まれてます。

  • コラム
  • 適性検査CUBIC
  • 固定残業手当導入
  • 未払残業代対策
  • 就業規則